久々の原瀧山

2020年9月16日(水)
久々に原瀧山で登ってきました。
原瀧山の注意点に従い地主さんに挨拶を済ませ駐車場代を支払って岩場に向かう。
この岩場は完全に北面で立木も茂っているので日陰で夏向きの岩場です。
かなり被っているのでジムクライマーは登りやすいと思う。
岩はパリパリ!でよく乾いてます。

どれを登ろうが悩んだが、触ったことのない【ロックオン5.11d】に決める。
このルートは出足が被りのガバコルネスタートで右トラバースした後に直上し最後は右に移動して終了する。
下部は被りで上部はスラブです。
核心は4~5ピン目付近で、トポには7ピンと書いてあるが正確には6ピン(ボルト6本)のルートです。

1便目はムーブを探りながら登る。最近登られているのかチョーク跡がありわかりやすい。
全体的に掛かりのいいホールドが続く面白いルートだ。
2撃を狙うが、核心部分の足位置を間違えてテンション・・
3便目も同じ場所でテンション・・・
4便目は自分にしては珍しく気合の雄叫びで核心をクリアしてそのままRP!
比較的登りやすいルートだと思うが、1DAYでRP出来たので嬉しい。
9月中旬なり涼しくなり、クライミングシーズン間近を感じる一日でした。

ロックオン5.11d
ハンモックで快適に休憩できました。

原瀧山 地図

岩場へのアプローチは TCNet高梁川地域クライミング交流会-特に注意が必要なエリアと注意点-原瀧山のページをご覧ください。

7年半前の記録

備中 原瀧山

トポ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

勝山の岩場

次の記事

一日二座