雪彦山 三峰東陵・不行岳南東壁

10月12日 所属山岳会の仲間と行ってきました。
M師匠、Fさん、Uさん、Kさん、吉備の中山さん、みほさん、私の7名。

プロローグ
吉備の中山氏と雪彦山を訪れたのは昨年の6月4日。
素人2人の本チャンルート挑戦は未だに忘れる事が出来ない。
鷲ノ巣でのマルチピッチ練習やアプローチ探索など色々と頑張ったなぁ。
イマイチの天候の中何とか雨は降らずに終わった。
頂上に着いたときは嬉しかった。
終了後小赤壁での祝杯は良い思い出だ。
2人でルートを登った喜びはかけがえのないものだと今も思う。

さて今までの雪彦山の登攀は、
2008年 6月4日 地蔵壁東陵
2008年8月18日 地蔵壁東陵
2008年9月22日 地蔵壁東陵バリエーション(すべり台、凹角)
2009年3月20日・3月21日 三峰東陵~不行岳南東壁
地蔵岳東陵~地蔵岳正面壁右カンテ

今回で5回目 意外と行っていない。
すべてK・Hさんと行っていることになる。縁があるなぁ。

本題
今回は 三峰東陵~不行岳南東壁を登り 大天井岳と繋ぐルート。
オールリードで登らせて貰えた。

三峰東陵
1ピッチ目・・垂壁からハングを左に回り込み浅い凹角を登る。
                   凹角を越えて左に数メートルトラバース
トラバースして直上すると広いビレイポイントへ出る。
このルート核心ピッチ。 A0にて突破。

2ピッチ目・・クラック沿いを左上に登っていく。
          下から見える白い凹角はパスして右の凹角を登る。
凹角終了後ブッシュを少し登ってビレイポイントへ。
          凹角が少しいらやしかった。 フリーで突破。

3ピッチ目・・右に回り込み登っていく。
          出足簡単なようだがなんかバランスが取りにくく感じた。
登っていくとブッシュがひどくなりルートにやや悩む。
階段状の壁を登っていくがハーケンが抜けそう(動いている)
階段状の岩も見た目よりは何だか嫌な感じ。
そこを過ぎると更にブッシュがひどいが気にせず登る。
          少し広い所に出るとそこがビレイポイント。
同じ会のFさんが打ったリングボルトが輝いている。

 

s-NEC_0015

 

s-NEC_0021


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です