台風

台風第4号(マンニィ)が今の予定だと岡山県を直撃しそうな勢いだ。

2004年の台風23号で那岐山の岡山県側は甚大な被害を受け見るも無惨に変わってしまったと聞きます。

私は山歴がまだ浅いので以前の那岐山を歩いたことがない。

美しい那岐山を歩いてみたかったと常々思う。

ただその頃の那岐山を知らなくて良かったとも思う。

今の山容が見るも無惨で歩くことが出来ない人も沢山いるそうです。

 


Follow me!

台風” に対して10件のコメントがあります。

  1. Tepco より:

    SECRET: 0
    PASS: 3b3dcec72bdb2164c70bb73dd9a0a38d
    そうです 淀川支流の沢をあがつてBコースにでたトタン 丸坊主の斜面にだいだいショツク! 沢も倒木だらけで 昔の鬱蒼とした林間が 突然消えてしまった! もとのような美しい森になるには 何十年かかるやら フー 遠目にも那岐の中腹が痛々しい 
    でもこれも自然の営みのごく一部なんですね

  2. murasuzume より:

    SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    こんにちは
    名古屋出張を利用して、嫁の実家に来ています。
    岐阜なので、拠点にして信州の山にでも以降と思ってましたが。。。

    しかしながら、ずーっと足止めで、微妙に肩身の狭い時間をすごしております。。

    烏帽子岩もいかれたのですね!今度ご一緒させてくださいねー

  3. ファニイ より:

    SECRET: 0
    PASS: 54860c3457b6300567853d95cf051449
    長い歴史の中にはいろんなことがあると思います。
    山は生きているので、これからも色々なシーンを見ることができるでしょう。

    先の台風後の復旧事業は未だ続いています。
    被害地指定になったのは約5500ha、たいへんな広さです。
    那岐山だけでなく、岡山県北部には間違い無く大きなダメージでした。

    人間とは勝手なもので、木が無くなると残念だと言い、森が濃くなると見晴らしが悪いと言い。
    復旧作業直後で生々しい部分もありますが、3年もすれば見違えるほど姿が変わってきます。
    そんな自然の推移をこの眼で見られるのは幸せなのではないかと思います。
    私たち愛好家も、その被害などから目をそらすのではなく、しっかりと記憶に焼き付け、過去と未来の証人にならなければいけないのでは。

    今の那岐山も以前に負けず、美しい山だと私は思っています。
    どの山でも、今の山が一番美しい、そして明日はもっと美しくなるように。

  4. HUKU より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [下線][太字]Tepcoさんへ[/太字][/下線]
    実は那岐山は山を始めたとき登った思い出の山です。
    今日のような雨が降りしきる最悪の天候の中登りました。
    当時はスニーカー&ホームセンターの激安カッパだったので大変でした。
    それでも今もハッキリとその時の事が思い出されます。
    山頂の強風で山の怖さも実感しました。

    倒木被害があっても那岐山はいい山ですね。
    もうしばらく緑が回復するまで待ちましょう。
    しかし豊かな森の頃に登ってみたかったと思います・・・残念。

  5. teruhikomoriki より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    この前の県北の倒木の悲惨な状況は初めてでした。
    神の警告かもーー。

  6. HUKU より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [下線][太字]murasuzumeさんへ[/太字][/下線]
    奥様の実家が岐阜ですか・・いいですね。
    この天候だとさすがに山は難しいですね。
    信州の山のレポートが拝見できず残念です。

    烏帽子岩行ってきました(トップロープです)
    色々なルートがあり面白そうですよ。
    どうみても登れそうもないルートも沢山ありますが・・・・。
    是非、御一緒したいと思っております。
    仕事の都合で土日休みは少ないですが何とかお会いしましょう。
    ちなみに岩トレですが我々岡山の山ML岩ふれ隊一期生は安全第一主義です。
    それでも良ければお付き合い下さい。

  7. のほ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カワセミなどは、谷の崩れた斜面に穴を掘って巣を作るそうです。
    そうやってこの鳥は生き残ってきたのですから
    山は崩れることも自然の一部なんでしょうね。

    そうすると中途半端な知識をもって森を維持することも
    自然ではないのかもしれませんな
    (杉林の功罪は、まあおいといて)

    なんて考えると、難しくなってきますなあ。

  8. HUKU より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [下線][太字]ファニイさんへ[/太字][/下線]
    前向きな考え方のファニイさんらしい考えだと思います。
    那岐山はまだ登れますが、台風だけでなく地震等の天災で登れなくなった山、
    縦走する事が出来なくなった山色々あると思います。
    自然のする事ですから仕方ないと思いますが残念な気持ちもあります。
    最近はどうしてもっと早く山を始めなかったのだろうと思うこともしばしあります。

    >そんな自然の推移をこの眼で見られるのは幸せなのではないかと思います。
    >私たち愛好家も、その被害などから目をそらすのではなく、しっかりと記憶に
    >焼き付け、過去と未来の証人にならなければいけないのでは。
    ファニイさんの気持ちがよく伝わってくる文章です。
    これからも証人になるために岡山の山をしっかり登りたいと思います。

  9. HUKU より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [下線][太字]teruhikomorikiさんへ[/太字][/下線]
    神の警告かどうか?はわかりませんが大変な被害だったようですね。
    恐らくですが山と接していない人は全く知らないと思います。
    私も2004年の台風の被害がここまで深刻とは知りませんでした。
    自然との共存は難しいですね。

  10. HUKU より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [下線][太字]のほさんへ[/太字][/下線]
    カワセミという鳥の名前は聞いたことあります。
    勿論名前しか知りません(笑)

    外敵から身を守るために崩れたところで巣を作るんでしょうから自然の一部なのでしょうね。
    確かに難しい話になりそうです。
    単純に考えると被害は最小限で済めばいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

烏帽子岩 Ⅰ

次の記事

ubicast Blogger