剣山~三嶺~天狗塚縦走 計画編

個人的に 深田久弥日本百名山にはあまり興味はないが 登ってみたい山は多い。
その中でも、近場の四国剣山にはいつかは登ってみたいと思っていた。
久々に三連休が取ることが出来たので、妻と剣山~三嶺~天狗塚縦走を計画してみた。
この山域の営業小屋は剣山山頂にあるのみだが避難小屋が充実しており、小屋泊だと2日程度の行程だと思うがテン泊縦走にチャレンジしてみることにした。

行動計画に際し悩んだことは
①縦走後にスタート地点に帰る交通手段
②行程計画
③食料計画

① スタート地点に戻る交通手段は 『ぐるっと剣山登山バス』をゴール地点の久保から見ノ越に戻るプランに決定。

② 行程計画は テント泊になると装備も重く体力的にもキツイと判断し2泊3日にした。

③ 食料計画はフリーズドライ製品&麺類がメインで軽量化を図った。
  ただ栄養バランスが悪いので今後は見直しが必要だと思う。

また普段はクライミング主体なので歩きの面で不安も多く、4月に重い荷物を担ぎ和気アルプス2回、那岐山1回と山歩きのトレーニングをして今回の縦走に備えた。

今回の携行装備(約16㎏)
ザック・・・オスプレーイーサー70
シュラフ・・・モンベル ダウン♯3 旧モデル
マット・・・サーマレスト(リッジレスト旧モデル)
テント・・・モンベル ステラリッジテント3型+テントマット+銀マット
ヘッドランプ・・・ペツルティカXP2+予備電池単四3本
LEDランタン・・・ブラックダイヤモンドアポロ+予備電池単三1本
クッカー・・・何故か3Set
ストーブ・・・snowpeak地オートガス2個

ダウン(山用)
カッパ(上下)
ザックカバー2Set
スパッツ
フリース
タオル3枚
プラティパス2×2
AQUARIUS2L×1本
ナイフ
サングラス
地図
メモ用紙
ボールペン
コンパス
財布
携帯電話

持って行って不要だった装備
①クッカー3Set・・・・1Setで充分でした。

②LEDランタン ・・・・この時期は日が長くランタンを使用する前に就寝したので使うことが無かった。
             ヘッドランプで充分代用可能。

③ダウンorフリース・・・♯3のシュラフでは寒くフリースを着用して寝たが結局ダウンの出番は無し。
              軽さではダウンだがフリースも捨てがたい・・が・かさばるのでやっぱダウンかな?

山の計画はやはり楽しいものだ。
今後のためにも計画・準備段階をまとめておこう思い今回の記事にしてみた。

sikokusannkou 020-1

Follow me!

剣山~三嶺~天狗塚縦走 計画編” に対して1件のコメントがあります。

  1. サバイバルナイフのいろいろ

    サバイバルナイフ関する情報。サバイバルナイフの入手法やサバイバルナイフと他のナイフとの違いなどを、初心者にも分かりやすく説明しています。
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

3月の外岩